ぼくと数学の旅に出よう 真理を追い求めた1万年の物語

ミカエル・ロネー(著)/山本知子(訳)

1,836円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

    学校では教わらないけど、数学の奥には、たくさんのエピソードが隠されている。数学はおよそ1万年前に生まれ、自由に世界を駆けめぐる野生のアイデアだった。そこから現代の形になるまで、どのような旅路をたどったのか。「0」「虚数」「無限(∞)」「円周率π」の誕生秘話とは? 「マイナス×マイナス=プラス」になる理由は? 「フィボナッチ数列」と「黄金数」の深い関係とは? シンプルな数式の裏には、世界を説明する言葉が隠されている。YouTube動画再生回数約300万回、数学嫌いの中高生から文系の大人まで楽しめる、若き人気数学者による魅惑の数学ストーリー。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード