長門守の陰謀

藤沢周平

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    長門守・酒井忠重が、藩主の世子を廃し、自分の子を後継に据えようとした「長門守事件」を題材とした表題作。小藩の武士の世界をその妻の視点からユーモラスに描いた「夢ぞ見し」。街場に暮らす庶民を丁寧な筆致で描いた「春の雪」「夕べの光」「遠い少女」。初期の藤沢作品を堪能できる5つの短篇集。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード