【最新刊】ガンニバル 5巻

ガンニバル

5冊

作:二宮正明

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

遂に手にした警察内外の協力者。事件は組織に委ね、大悟には撤退命令が。だが彼の内にある、危うい義憤が暴れ出す。 「俺はアイツ等が、許せねえんだよ」 村の狂気に対する、正義の狂気。続々と出る新事実、加速する直接行動。奉納祭直前、後藤家対警察の幕開く第5巻!!

続きを読む
ページ数
194ページ
提供開始日
2020/01/29
連載誌/レーベル
ニチブンコミックス
  • ガンニバル 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ガンニバル 全 5 巻

    3,135円(税込)
    31pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.3
3
5
1
4
2
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2020/02/15Posted by ブクログ

    敵味方入り乱れ疑心暗鬼と狂気が加速する五巻。阿川が単身敵地に乗り込んだ前巻と比べ、会議シーンも多い今巻は疾走感は抑え目だが、そのぶん緊迫感やじっとりした狂気が染みてくる。
    供花村の秘密が徐徐に明らかに...

    続きを読む
  • 2019/11/26Posted by ブクログ

    物語も佳境に入ったのかな?
    前巻まで狂気の深みにはまって暴走が懸念された主人公が、娘の失踪から信念を揺り起こされ、ヒロイック路線に戻って一安心。
    妻子を村から逃がすと決断し、「あんたも一緒にいこうよ」...

    続きを読む
  • 2019/10/01Posted by ブクログ

    ―「この村の人間は人を喰っている」―

    前任の駐在が不審な失踪を遂げた供花村に妻子ともども引っ越してきた主人公。
    よそ者とからかわれながらなんとか村に溶け込もうとするも、山で遺体が発見されて……

    ...

    続きを読む

セーフモード