【最新刊】辛夷の花

辛夷の花

著:葉室麟

759円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    九州豊前、小竹藩の勘定奉行・澤井家の志桜里(しおり)は嫁いで三年、子供が出来ず、実家に戻されていた。ある日、隣家に「抜かずの半五郎」と呼ばれる藩士が越してくる。太刀の鍔(つば)と栗形(くりかた)を紐で結び封印していた。澤井家の中庭の辛夷の花をめぐり、半五郎と志桜里の心が通う。折しも小竹藩では、藩主と家老三家の間で主導権争いが激化していた。大切な人を守るため、抜かずの半五郎が太刀を抜く!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/02/08
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    • 2020/04/12Posted by ブクログ

      面白かった
      ハッピーエンドで終わる勧善懲悪の鉄板ストーリ

      ストーリとしては、
      九州豊前の小竹藩の勘定奉行澤井家の長女志桜里と隣家に引っ越してきた「抜かずの半五郎」との物語。
      志桜里は嫁ぐも子供ができ...

      続きを読む
    • 2019/12/09Posted by ブクログ

      志桜里と半五郎の距離が、近付くようでなかなか縮まらないのがもどかしく、まさに“辛夷の花”のような似た者同士の二人ですね。
      理不尽で横暴な家老三家に立ち向かう、澤井家の人々とそれを支援する、半五郎や幸四...

      続きを読む
    • 2019/07/25Posted by ブクログ

      7月-18。3.5点。
      武士の娘、嫁ぎ先から離縁され、出戻り。
      隣に独身の武士が引っ越してくる。何か密命を帯びた風の隣人。
      面白い。いつもの葉室節で最後はホロリとさせる。

    [{"item_id":"A002112262","price":"759"}]

    セーフモード