【最新刊】ある若き死刑囚の生涯

ある若き死刑囚の生涯

加賀乙彦

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    罪を見つめ、罰を引き受けるとはどういうことか。死を受け入れ、乗り越えて生きることは可能か。1968年の横須賀線爆破事件の犯人で死刑囚の短くも懸命に生きたその姿を描き出す。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/02/15
    連載誌/レーベル
    ちくまプリマー新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • null巻2019/09/01Posted by ブクログ

      1968年に横須賀線内に爆薬を仕掛け、死者1人・負傷者多数を出し死刑囚となった純多摩良樹の評伝。正直なところ、死刑になるほどのことをしたのだろうかと思いもする。素直そうに思える一方、ところどころ自己顕...

      続きを読む
    • null巻
      ネタバレ
      2019/04/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード