小さなお茶会 完全版 第4集

猫十字社

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「小さなお茶会」は1978年から1987年の間に、『花とゆめ(白泉社)』で連載されました。猫十字社は同時に『Lala(白泉社)』でも『黒のモンモン組』という、こちらも時代を先取りしたギャグ作品を連載していました。『小さなお茶会』の作品世界は極めて精緻です。これをつくり上げるためには、当然、極度の集中力と、尋常でない閃きが前提となります。また、『黒のモンモン組』はとてもシュールなギャグ作品です。ギャグ作品は価値観の破壊という側面を持ち、こちらも執筆にはとてつもない破壊と創造のエネルギーを必要とします。『花とゆめ』は月2回刊、『Lala』は月刊でしたが、特に月の後半、20日売りの『花とゆめ』と24日の『Lala』の間には、わずか4日しかありません。このそれぞれに傑出した作品を『落とす(締め切りに間に合わない)』ことなく続けていけた、ということ、このことだけとってみても、『時が満ちて』エネルギーがあふれ出て、この両作品が祝福されていたことを示しています。今では考えられないような、締め切り時のエピソードがあります。全精力を使い果たした猫十字社氏は、当時住んでいたM市発の特急『あずさ号』の出発ホームに行き、原稿を人のよさそうなお客さんを物色して手渡します。一方、新宿駅では担当が猫十字社氏から連絡のあった人相風体のお客さんを見つけ出し、平身低頭して原稿を受領していました。これで、一回も事故がない、という時代でした。この時代がこの「小さなお茶会」という作品を生み出し、注がれたエネルギーは質、量ともに想像を絶しています。『時が満ちた』としか言いようがない奇跡的な爆発力が作品世界を豊かに彩ります。

続きを読む
  • 小さなお茶会 完全版 全 8 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    小さなお茶会 完全版 全 8 巻

    4,400円(税込)
    44pt獲得

レビュー

まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

レビューを投稿する
[{"item_id":"A002111998","price":"550"}]

セーフモード