【最新刊】家事・育児を夫に協力させるために妻が仕掛ける言葉のかけ方。

家事・育児を夫に協力させるために妻が仕掛ける言葉のかけ方。
1冊

桜井涼/MBビジネス研究班

322円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

さっと読めるミニ書籍です(文章量12,000文字以上 13,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の24ページ程度)【書籍説明】「夫が家事をしない」・「手伝うと言っても口だけ」などの夫に対する不満が爆発しそうになっていませんか?不満でいっぱい、いつもケンカになってしまうという状態を解消できたら、とても楽になるはずです。この本に書いてあることを実行してみることで、夫が協力してくれるように仕向けることができます。本来、家事も育児も、夫婦が協力して当たり前のことです。それがいつの間にか、妻の負担が大きくなり大変な思いをされていることでしょう。多くの悩めるママ達と面談してきましたから、あなたの気持ちはよくわかります。確かに女性の方が、マルチタスク傾向が高いので、何でもこなせます。しかし、子育ても家事も仕事もと、妻だけが大変な思いをするのは間違っています。妻が夫より1枚上手になり、いつの間にか協力していたとなるように仕掛けていきましょう。ここまで頑張ってきたあなたなら、きっとできるようになります。【目次】1.家事育児を50:50でやることができない理由2.妻があえて、「手伝ってもらう」の考え方でスタートする3.余計な一言で夫のやる気をなくしている可能性あり4.夫の分析が家事分担の「ファーストキー」となる5.家事育児を何かしらやったら、ほめ言葉と感謝でやる気にさせる6.限定した言い方で協力しやすくする(言い方の切り換え)7.「ながら家事育児」が可能なものを頼む8.担当制や… 以上まえがきより抜粋

続きを読む
提供開始日
2019/03/03

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード