ロマンシエ

原田マハ

803円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    乙女な心を持つ美術系男子のラブコメディ! 有名政治家を父に持つ遠明寺美智之輔は、子どもの頃から絵を描くことが好きな乙女な男の子。恋愛対象が同性の美智之輔は、同級生の高瀬君に憧れていたが、思いを告げることもないまま、日本の美大を卒業後、憧れのパリへ留学していた。 ある日、アルバイト先のカフェで美智之輔は、ぼさぼさのおかっぱ髪でベース形の顔が目を惹く羽生光晴という女性と出会う。凄まじい勢いでパソコンのキーボードを打つ彼女は、偶然にも美智之輔が愛読している超人気ハードボイルド小説の作者。訳あって歴史あるリトグラフ工房idemに匿われているという。 過去にはピカソなどの有名アーティストが作品を生み出してきたプレス機の並ぶその工房で、リトグラフの奥深さに感動した美智之輔は、光晴をサポートしつつ、リトグラフ制作を行うことになるが、ある大きな転機が訪れる。※本書は過去に単行本版として配信された『ロマンシエ』の文庫版です。

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/10/27Posted by ブクログ

      原田マハさんの作品は、実在の場所やアートがたくさん出てくるから、思わず検索しながら読みたくなってしまう!
      今回はリトグラフ。
      三菱一号館美術館で開催された『パリのポスター展』を見に行ったこともある私と...

      続きを読む
    • 2019/07/20Posted by ブクログ

      遠明寺美智之輔は体と心のジェンダーが違う美大に通う大学生の男の子です。
      同級生の高瀬くんに恋をしています。
      通称『アバザメ』というハードボイルド小説の大ファンで愛読しています。
      美智之輔は絵の才能を学...

      続きを読む
    • 2019/04/10Posted by ブクログ

      原田マハさんを初めてちゃんと読みました。
      同棲に絶賛片想い中のオネエで乙女な美術大生・美智之輔が、留学したパリでスランプ中の作家に出会って……という話。
      ラブコメに見せかけた成長小説にして青春小説。
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002111121","price":"803"}]

    セーフモード