【最新刊】猫が西向きゃ 3巻

猫が西向きゃ

漆原友紀

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

漆原友紀(『蟲師』『水域』)の最新タイトルは、“フロー”と呼ばれる奇妙な自然現象を処理するフロー業者・ヒロタと、アルバイトの智万ちゃん(見ため12歳、実年齢35歳)、そして“しゃちょう”(猫)が贈るストレンジなお仕事活劇! 見慣れているのになんだかいつもと違うような、そんなムズムズする風景を見かけたら、それは“フロー”。自然もときどき間違えるのだ。いよいよ大団円を迎える第3巻、登場です!

続きを読む
ページ数
195ページ
提供開始日
2021/02/22
連載誌/レーベル
アフタヌーン
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • 猫が西向きゃ 全 3 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    猫が西向きゃ 全 3 巻

    1,980円(税込)
    19pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(14件)
  • 3巻
    2021/02/28

    完結の3巻。
    人気がなかったのかなぁ。作者の趣味が大いに反映されている漫画だったらしいので、気分次第でいつまでも続けることができると期待していたのですが。
    作者的「萌えまんが」ですからね。

    ふとした...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2巻
    2020/08/10

    個人の心の闇をさらけ出させてしまうフロー。
    闇という言葉から連想されるような、どろどろだったり、おもかったり、くるしみにみちたりしてるわけではないですが、それは兆しだからなのかなぁ。

    ちょっとした引...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 1巻
    2019/03/30

    何らかの原因で空間が揺らぎ変貌する現象「フロー」。
    人が風景に心を動かされるように、
    風景も人の想いに動かされて姿を変える。
    変わってしまった風景は異様なものだけれど、
    その原因となった人にとっては心...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード