大学4年間の社会学が10時間でざっと学べる

50%OFF

著者:出口剛司

1,650円825円(税込) 8/20まで

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    社会学といってもピンと来ない人が多いかもしれません。社会学でよく扱われるのは「家族」「産業」など、私たちが当たり前のように接している事柄です。日常生活を送る中でとくに意識することのないこれらの中に問題点を見つけ、それを他の人と共有できるように言語化し、そして解決を試みる――。この社会学の手法はまさにビジネスマンにとって身につけたい技法でもあります。日々の業務の中で、はたまた自分が舞台としているマーケットの中で、あらたに問題点を発見し、言語化し、そして解決するというのは、まさにビジネスチャンスを産むために必要な技術です。本書ではこうした社会学の手法を学びつつ、私たちをとりまく「家族」「産業」といった社会的事象を概観することで、社会学の手法がどのように使われるのかを演習的に学んでいきます。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/06Posted by ブクログ

      安定の大学4年を10時間シリーズ。今回印象に残ったのは社会学の始まりのコントの秩序と進歩という言葉、ブラジルの国旗に載ってるんだ。コントは人類教っていう宗教を始めることでも有名やな。

    • 2019/08/26Posted by ブクログ

      東大の社会学の4年間のカリキュラムをザッと紹介するという内容。キーワード毎に絵とセットの見開き解説なので気になったら検索で補足もしやすく、まさに入り口と言える。大学はこのシリーズの本を春休みに配れば良...

      続きを読む
    • 2019/02/27Posted by ブクログ

      非常にわかりやすく基本も抑えており、社会学をざっと学ぶことができた。教養科目の社会学などの教科書として適していると感じた。

    開く
    [{"item_id":"A002106146","price":"825"}]

    セーフモード