リベラルを潰せ―世界を覆う保守ネットワークの正体―(新潮新書)

金子夏樹

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    LGBTの権利拡大や中絶の容認に、猛烈な抵抗を示す人々がいる。米国最大の宗教勢力、聖書の教えを絶対視するキリスト教右派だ。彼らの組織「世界家族会議」とは何か? プーチン大統領と水面下で繋がり、欧州の反リベラル政党、イスラム諸国とも連携する驚異の組織力の源泉は? リベラリズムの世界的浸透に対し、反撃を始めた保守ネットワークの全貌を緻密な取材で描き出す。日本にも迫る価値観の戦争の行方を直視せよ。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード