【最新刊】鶏小説集 (角川ebook)

鶏小説集 (角川ebook)

1冊

著者:坂木司

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    トリドリな物語。旨さあふれる「鶏」小説を召し上がれ。「トリとチキン」…似てるけど似てない俺たち。思春期のゆらぎと成長を描く/あげチキ「地鶏のひよこ」…地方出身の父親と、都会生まれの息子/地鶏の炭火焼「丸ごとコンビニエント」…コンビニバイトの僕が遭遇したクリスマスの惨劇とは/ローストチキン「羽のある肉」…高校受験を控えた夏。彼女と二人で出かける/鶏手羽の照り煮「とべ エンド」…死にたがりだった漫画家。そのエピソードゼロとは/鶏ハム※本書は2017年10月20日に配信を開始した単行本「鶏小説集」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

    続きを読む
    提供開始日
    2019/02/05
    連載誌/レーベル
    角川ebook
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    35
    5
    6
    4
    15
    3
    13
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/04Posted by ブクログ

      いろんな鶏肉料理が出てくる連作短編集。友情だったり家族だったり、テーマになっているものはいろいろとあり、どれもが希望の持てる物語になっています。そしてどの物語にも登場する鶏料理。これはどれも美味しそう...

      続きを読む
    • 2019/01/12Posted by ブクログ

      肉小説集に引き続き読んだ。心理描写がとてつもなく上手くて、スッと入ってくる。思春期のこの気持ちから、大人の男の心情まで、それぞれの短編で全く違う描き方が出来るのは流石。今作も楽しく読ませてもらいました...

      続きを読む
    • 2018/11/04Posted by ブクログ


      短編集と思いきや 一連の話だった。
      面白いような そうでないような
      ふつうに読み終えた1冊
      ふと 思った事は 自分は 興味あるものにしか
      情熱を注げないのかな?
      それでも それなりに こなすところ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード