二十歳の猫とカップに入れたコインで水が零れた時 下

著:垣根新

378円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

左手の小指に赤い感覚器官(赤い糸)と背中にかげろうのような羽(羽衣)がある。二十歳の猫は主を守るために地面に飛び降りた。目の前には熊だが、自分の命よりも大事だと思える言葉を吐いた。「大丈夫だからね。お姉ちゃんに任せて!」と・・・。その証明のように左手で猫パンチの仕草と同時に左手の小指の赤い感覚器官が伸びて・・・五日後に用事がある。そう言うのだった。祖母は「おかえり」と散歩から帰ってきたかのように言葉を掛けてくれた・・・。娘であり。母でもある。二人の思い出の料理を孫に作ったのだ。娘が子供の頃に土の団子から始まりで・・・小麦なら直ぐに固まるわよ。と一緒に遊んで作った料理であった。孫には、母が大好物の「すいとん」と言う料理だ。と、祖母から聞いて嬉しそうに美味しそうに食べるのだった。次の日の朝のことである。祖母が倒れ・・・猫は人の言葉を話さなくり・・・枯葉が身体に貼り付いている女性が現れた・・・初恋の人?・・・誰と結ばれるのか?・・・猫は運命の時の流の修正の人と言った・・・猫の髭の願い?・・・髭を抜くと願いが叶う?・・・転生前の主と猫?・・・双子の女性の片方を選ぶ?、だが、双子ではないはず?・・・床下に潜り・・・髭を抜いたはず?・・・なのに?・・・その願いとは?・・・本当に願いは叶うのか?。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード