【最新刊】消滅 VANISHING POINT (下)

消滅 VANISHING POINT

2冊

著:恩田陸

627円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    北米からの帰国者に感染力の高い新型肺炎の疑いが生じる。連行は細菌兵器ゆえの隔離、ヒューマノイド対応だったのか。テロ集団はなぜ「破壊」でなく「消滅」という用語を使うのか。様々な憶測が渦巻くが依然、首謀者が誰か掴めない。やがて孤絶した空港に近づく高潮の危険。隔離された10人の忍耐と疲労が限界を超え「消滅」が近づいた時、爆発音が!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/23
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    26
    5
    5
    4
    10
    3
    10
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/18Posted by ブクログ

      恩田ワールドどっぷりつかりました
      はらはらしながら
      それぞれのキャラクターが際立っていて
      そして次第に明かされる本当の姿
      差し迫る危機がこれでもかと襲ってくる
      空港の密室で

      ≪ 合言葉 テロの標的 ...

      続きを読む
    • 2019/07/27Posted by ブクログ

      空港内のみ(それもほぼ同じ部屋)で話が進むが、閉塞感は全く感じなかった。
      各人物の素性が少しずつ明かされ、テロリストはこの中にはいないのではと思ってからのラストまでの急展開。
      あっという間に3時間ほど...

      続きを読む
    • 2019/07/27Posted by ブクログ

      登場人物が増えていくなかで、途中から名前ではなく特徴(「サングラス男」「ヘッドフォン男」「鳥の巣頭」等)で人物を表していたので、混乱することなく読み進められる。

    開く

    セーフモード