Pythonと実例で学ぶ機械学習 識別・予測・異常検知

著:福井健一

2,592円(税込)
1%獲得

25pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。機械学習による異常検知と系列データ解析を実例をもとに学ぶ 本書は、現在産業界で注目されている、機械学習による・機器の振動データに対する異常検知・系列データ(例として睡眠系列データ)に対する解析を解説したものです。 業務や研究開発に必要だが機械学習については素人という方でも実践できるように、本書前半では、基本的な識別器・予測器のPythonによる実装例・使い方を解説しています。後半では、実問題への適用例を著者の研究経験をもとに解説しています。第1章 機械学習とは何か第2章 基本的な識別器・予測器第3章 機器の振動データに対する異常検知第4章 系列データの解析

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード