【最新刊】確率のはなし

確率のはなし

1冊

著者:矢野健太郎

1,056円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    25人のパーティで同じ誕生日の2人が出会うのは偶然? それとも必然? 不確実な現実を論理の力で数値化する確率論。難しそうにみえても、まずは起こりうる可能性をすべて書き出すこと。そして記号や法則の力で一般論を導けば、さまざまなことに応用できる。ガリレオが賭博師と交わした議論から、期待値、ドゥ・モルガンの法則、パスカルの三角形といった数学の基本へ。世界的な数学者が、身近な実例を挙げてやさしく誘う。【目次】第1章 いろいろの例 1 貨幣を一個投げる場合 2 貨幣を二個投げる場合 3 貨幣を三個投げる場合 4 サイを一個投げる場合 5 サイを二個投げる場合 6 九半一二丁 7 ガリレイとサイの問題第2章 可能性の集合 1 一つの原理 2 並べ方の集合 3 選び方の集合第3章 場合の数の数え方 1 場合の数の数え方の原理 2 並べ方の数の数え方 3 選び方の数の数え方 4 クイズへの応用第4章 文章とその真理集合 1 真理集合 2 「pまたはq」という文章の真理集合 3 「pおよびq」という文章の真理集合 4 「pでない」という文章の真理集合 5 集合の要素の数 6 論理の記号と集合の記号 7 ドゥ・モルガンの法則第5章 確率の定義と性質 1 確率の定義 2 確率の性質 3 応用問題 4 条件確率第6章 有名な例 1 パスカルと賭け 2 酋長のトリック 3 クジ引きの順番 4 一つの意外な例第7章 大数の法則 1 一つの貨幣を何回か投げる場合 2 ( n, r )という記号 3 パスカルの三角形 4 独立試行過程 5 大数の法則

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/24
    連載誌/レーベル
    角川ソフィア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード