幾度も愛をささやいて

リンゼイ・アームストロング 翻訳:岡聖子

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    結婚式の夜、二十歳の花嫁ルーシーは年上の夫に宣言した。“結婚しても絶対にベッドは共にしない”と。愛し合っての結果ではなかった。選択の余地などなかった。父親の死後、莫大な借金があるとわかり、投資の条件として、幼なじみの大富豪ジャスティンに結婚を申し込まれたのだ。それにルーシーは傷ついてもいるのだ。そのむかし、ジャスティンには、叶わなかった恋人がいたと知った日から。ほかに好きな人がいるのに、どうして幾度も愛をささやくの? 誰よりも甘やかしてくれるジャスティン。心から慕っていたのに。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード