ファンタジーランド(下)―狂気と幻想のアメリカ500年史

著:カートアンダーセン 訳:山田美明 訳:山田文

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【全米で話題のベストセラー、Amazonレビュー500件超】9.11同時多発テロ、金融資本主義:投資家の王国、GAFA:現代の四騎士、1%vs.99%:超格差社会、トランプ現象:フェイクニュース……迷走するアメリカはどこへ向かうのか。新世界を信じた夢想家たちとその末裔が創り上げた500年の歴史から読み解く。【絶賛の声、続々】「トランプ政権誕生に関する圧倒的に優れた記述。2017年に読んだ最も重要な本」ローレンス・オドネル(政治ジャーナリスト)「すばらしいライターによるベストセラー。深呼吸して、この本に飛び込め」トム・ブロコウ(ジャーナリスト、キャスター)

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/02Posted by ブクログ

      上巻はアメリカ国家成立から、1970年代まで。
      下巻はそれからトランプ政権まで。
      内容は長大でとてもすぐには整理できないが、本当にアメリカ国民はこの本に書かれているような幻想に生きているのだろうか?
      ...

      続きを読む
    • 2019/04/01Posted by ブクログ

      何を信じてもよいが、その結果は受け入れること、というのがアメリカの基本思想のようだが、社会が高度になりすぎて、結果幸せな人生を送れる人がほとんど居なくなってる気がする。

    セーフモード