孫子

浅野裕一

1,265円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり」などの名言で知られる『孫子』。春秋時代の孫武(そんぶ)が著わし、二千年以上も読み継がれた名高い古典は世界最古の兵法書として、また人間界の鋭い洞察の書として親しまれ、今日もなお組織の統率法や人間心理の綾を読みとるうえで必携とされている。本書は、従来の宋時代のテキストより千年以上も古い前漢武帝時代の竹簡文に基づく精密な唯一の解説である。

    続きを読む

    レビュー

    4.4
    23
    5
    14
    4
    6
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/01Posted by ブクログ

      和訳(現代語訳)文、訓読文、原著の漢文、注釈・解説
      が章ごとに並べてあるという構成

      最後に全編を通した解説の章が設けられている。

      本書の最大の特徴は、前漢時代の竹簡を原著に採用していることだろう。...

      続きを読む
    • 2019/01/13Posted by ブクログ

      1972年に山東省臨沂県銀雀山の前漢時代の墓から出土した竹簡『孫子』を底本としている。この本は面白いです。特にp.261からの「解説」が面白いので、先に解説から読んでみることをお勧めしたい本。

    • 2018/12/30Posted by ブクログ

      1.どの話が印象に残ったか?それはなぜか?
      ・4 算多きは勝ち、算少なきは敗る       → 事前の十分な計画が重要ということ
      ・9 戦わずして人の兵を屈する         → 目的をと手段を取り...

      続きを読む
    開く

    セーフモード