【最新刊】双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。 2

双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。

2冊

著者:池中織奈 イラスト:カット

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    グリフォンと空を飛ぶ馬(スカイホース)、そして獣人たちとほのぼの森暮らし中のレルンダ。しかし、王国の人間たちに狙われて、獣人の村を出なければならないことになってしまう。仲間たちと森を大移動してエルフの村にお邪魔するが、そこには大きな問題が。なんと、精霊樹に恐ろしい魔物が棲みついてしまっていた!『神子』かもしれない自分の不思議な力を役立てたいと思うレルンダは、精霊と契約して魔物を倒そうとするが――!?「みんなのこと、守れるようになりたい……!」不安なこともあるけれど、モフモフたちと理想の場所を作ります!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/30
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。 全 2 巻

      2,640円(税込)
      26pt獲得

    レビュー

    1
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/03/30Posted by ブクログ

      7歳の少女の一人称で進められているような物語だからか
      微妙に読みづらさを感じてしまった。
      グリフォン達の言葉の表現方法も、その一因かしら?と。
      主人公のつたない喋り方は、そんなに気にならないのになぁ。...

      続きを読む

    セーフモード