【最新刊】贖罪の街 (下)

贖罪の街

マイクル・コナリー 訳:古沢嘉通

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二〇一五年二月に自宅で強姦の上、撲殺された市政担当官補レキシー・パークス(三十八歳)。被害者の体に残された精液(膣内と体表から回収)のDNAが合致したため、事件翌月、容疑者として逮捕されたのは、ハラーの古くからの顧客であり、元はギャングの一員だったが、更生して画家として生計を立てているダカン・フォスター(四十一歳)。ハラーは、フォスターの無実を確信しており、ボッシュに事件調査の協力を求める。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/16
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 贖罪の街 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      贖罪の街 全 2 巻

      1,936円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    • 2019/01/20Posted by ブクログ

       ハリー・ボッシュという史上稀に見る魅力的な刑事と出逢ってもう22年になる。
       インターネットすら未だ普及していなかったその頃パソコン通信仲間であった翻訳者の古澤さんが本シリーズのヒットで一躍活躍した...

      続きを読む
    • 2019/01/20Posted by ブクログ

       ハリー・ボッシュという史上稀に見る魅力的な刑事と出逢ってもう22年になる。
       インターネットすら未だ普及していなかったその頃パソコン通信仲間であった翻訳者の古澤さんが本シリーズのヒットで一躍活躍した...

      続きを読む
    • 2018/12/18Posted by ブクログ

      マイクル・コナリー『贖罪の街(下)』講談社文庫。

      下巻。ボッシュとハラーの調査を妨害する二人の悪徳刑事。ボッシュとハラーの運命や如何に……様々な事件と謎が二人の悪徳刑事とどう繋がり、ボッシュとハラー...

      続きを読む
    開く

    セーフモード