大江戸閻魔帳

藤井邦夫

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    蔦屋重三郎の娘から、店に持ち込まれた写楽の大首絵の真贋を確かめたいと相談を受けた若き戯作者、青山麟太郎。落款がないだけで、出来はすこぶるよい。だが持ち込んだ御家人は、自宅で殺されていた。臨時廻り同心や岡っ引と知り合い、麟太郎は次々と事件に巻き込まれていく。麟太郎を見守る南町奉行・根岸肥前守との拘わりは? 大江戸の「探偵」は、非道は許さないが、人を救う優しさがある。人情味あふれる事件帖!

    続きを読む
    • 大江戸閻魔帳 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      大江戸閻魔帳 全 4 巻

      3,080円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      藤井邦夫さん、新しいシリーズの始まり、新しいヒーローの登場です。「大江戸閻魔帳」、2019.1発行。南町奉行の(隠し)孫という設定。青山麟太郎、23~4歳、173cm、戯作者、神道無念流の達人。剣の強...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      ライトな時代劇
      主人公の魅力がまだ出てない
      事件を解決してそれをネタに戯作を格趣向
      そんなの作家じゃねえ!

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      秋山久蔵シリーズに知らぬが半兵衛シリーズも大好きである。

      前日、「えんま寄席」という、落語の主人公を閻魔様が、裁くという、ちょっと変わった本を読んだばかりである。

      何気なく、この本もそんな内容のも...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002098884","price":"770"}]

    セーフモード