【最新刊】トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ

トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ

著:ジェイソン・ファン 訳:多賀谷正子

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “食事量”や“食事内容”、“運動”より、「食事の回数」がはるかに重要だと語るのは、世界的な減量医師のジェイソン・ファン氏。「同じ食事量であっても、食べる回数が少ない人は圧倒的にやせやすい」と指摘する同氏は、その背景に「肥満ホルモン」の存在があると明かします。どんなに健康的な食べ物でも、またどんなに少量であっても食べる回数が多いと、「肥満ホルモン」がたくさん分泌されて細胞に糖がたまり、脂肪も体にたまっていくのです。そして恐ろしいことに、肥満ホルモンの分泌量が多くなると、体内に存在する「体重の設定値」も高くなることに。こうなると、たとえ食事量を抑えたり運動したりして体重を一時的に落とせたとしても、すぐに体は「高くなった設定値」に体重を戻そうとします。本書では、そんな肥満ホルモンの分泌を効果的に抑える方法として、カナダ・トロントの減量専門機関で絶大な効果を上げている「間欠的ファスティング」を公開。この方法なら食事回数が無理なく減らせて体重設定値を低くでき、空腹感もなく、太りにくい体質へとホルモンレベルで変化します!(本書で明かされる、肥満と減量の真実↓↓)・「カロリー」を削っても減量効果は得られない・「野菜をたっぷり食べる」に潜む大きなデメリット・「糖質制限」をしても思ったほどやせない理由・「1日6杯までのコーヒー」には減量効果あり・「枝豆」を食べると、糖が体から排出される etc…。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/08

    レビュー

    レビューコメント(45件)
    • トロント最高の医...
      2019/03/23

      ダイエットに関する本はこれまで色々と読んできました。この本に書いてある通り、どのやり方も間違ってはいないけれど、長続きしない、効果が限定的だと実感していました。そのたびに、自分の意志の弱さを認めていた...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • トロント最高の医...
      2021/01/20
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • トロント最高の医...
      2020/03/14

      今までのダイエット方法について、科学的になぜうまくいかないかを説明し、間欠的食事を勧め、断食のよさを実証データをもとに説明しており、説得力のある中身でした。

      以下、参考になった部分です


      食事は量...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード