安倍政権は消費税を上げられない

著:荻原博子

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    安倍政権が実は消費税が上げられない理由とは?日銀の金融政策、株価、国際、税率、地下などなどの項目が五輪後はどう変わる?そこから、老後破産の根拠を探り、どう逃げ切ればよいのか?40~50代に向けて、新たな生き方論を提示する書。第1章 安倍首相が消費税を上げない3つの理由第2章 消費税は上がらなくても2020年以降に不況の波第3章 これから危機に直面する「40代・50代」第4章 家計を救う、この先5年の基本戦術第5章 家計の“内部留保”はどうやって増やすのか第6章 10年で天地の差がつく“公的保障活用術” (著者プロフィール)荻原 博子(おぎわら・ひろこ)1954年、長野県生まれ。大学卒業後、経済事務所に勤務し、1982年にフリーの経済ジャーナリストとして独立。経済の仕組みを平易に解説する家計経済のパイオニアとしてテレビや雑誌で活躍。これまでの著書・共著・監修書籍は100冊以上を数える。近著に『払ってはいけない ~資産を減らす50の悪習慣!』『投資なんか、おやめなさい』(ともに新潮新書)、『老前破産』(朝日新聞出版)など多数。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/19Posted by ブクログ

      著者がタイトルのような見立てをしたのが2018年末あたりか。その後状況はかわってきているように思うがどうだろうか。
      防衛策については他の著作で展開しているものと同じ。

    セーフモード