【最新刊】トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち

トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち

藤原辰史 著

946円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1892年にアメリカで発明されたトラクターは、直接土を耕す苦役から人類を解放し、穀物の大量生産を可能にした。文明のシンボルともなったトラクターは、アメリカでは量産によって、ソ連・ナチ・ドイツ、中国では国策によって広まり、世界中に普及する。だが、化学肥料の使用、土地の圧縮、多額のローンなど新たな問題を生み出す。本書は、一つの農業用の"機械"が、人類に何をもたらしたのか、日本での特異な発展にも触れながら、農民、国家、社会を通して描く。●目次まえがき第1章 誕 生――二〇世紀初頭、革新主義時代のなかで   1 トラクターとは何か   2 蒸気機関の限界、内燃機関の画期   3 夜明け――J・フローリッチの発明第2章 トラクター王国アメリカ――量産体制の確立   1 巨人フォードの進出――シェア77%の獲得   2 専業メーカーの逆襲――機能性と安定性の進化   3 農民たちの憧れと憎悪――馬への未練第3章 革命と戦争の牽引――ソ独英での展開   1 レーニンの空想、スターリンの実行   2 「鉄の馬」の革命――ソ連の農民たちの敵意   3 フォルクストラクター――ナチ・ドイツの構想   4 二つの世界大戦下のトラクター第4章 冷戦時代の飛躍と限界――各国の諸相   1 市場の飽和と巨大化――斜陽のアメリカ   2 東側諸国での浸透――ソ連、ポーランド、東独、ヴェトナム   3 「鉄牛」の革命――新中国での展開   4 開発のなかのトラクター――イタリア、ガーナ、イラン第5章 日本のトラクター――後進国から先進国へ   1 黎 明――私営農場での導入、国産化の要請   2 満洲国の「春の夢」   3 歩行型開発の悪戦苦闘――藤井康弘と米原清男   4 機械化・反機械化論争   5 日本企業の席巻――クボタ、ヤンマー、イセキ、三菱農機終 章機械が変えた歴史の土壌

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/11
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    • 2018/06/16Posted by ブクログ

      トラクターの開発・普及や、世界各地でのトラクターの導入方法などを示しつつ、農業の変化や戦争への転用など、その功罪を展望する一冊。タイトルで技術史の本かと思わせつつも、トラクターを通して農業を見る農業史...

      続きを読む
    • 2019/02/20Posted by ブクログ

      著者は農業の歴史の研究者である。そして、本書は農業に革命を起こしたトラクターの歴史について世界史的な視点から書かれた本である。通常、経済史の世界では内燃機関を搭載した輸送機械としての自動車の発明とその...

      続きを読む
    • 2020/04/03Posted by ブクログ

      とても面白い。大げさではなく、人類の歴史を根底から変えた技術、トラクター。
      馬や牛といった動物を使った耕耘で実現していた有機物の循環を断ち切り、よそから化石燃料を持ち込み、動物は単純に食べ物になった。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード