P+D BOOKS 辻音楽師の唄 ~もう一つの太宰治伝~

長部日出雄

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    津軽出身作家だから描けた「若き太宰治伝」。新しい世代にも常に熱狂的信奉者が現れ、いまだ人気の衰えぬ作家・太宰治。彼にとって「書く」こととはなんだったのか。家への激しい憎悪と絶望的なまでの孤独感、結婚を控えての心中事件、「太宰治」という筆名に秘められた思い。太宰の幼年期から青春時代までを克明に辿り、同じ津軽地方出身で直木賞作家の長部日出雄が、その太宰像を塗り替えた著者渾身の新たなる太宰伝。太宰への特別な愛情と深い理解を両輪に、著者ならではの視点で描いた秀作長篇評伝。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード