【最新刊】繭(新潮文庫)

繭(新潮文庫)

青山七恵

781円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    美容師の舞は、結婚して一年になる夫に対し暴力を振るう自分を止められずにいた。ある晩、彼への暴力から逃れるように家を出ると、店の客である希子と遇う。同じマンションの住人と知り、二人は交流を重ねるが、希子は舞の夫のある秘密を抱え、舞に近づいていた。白壁の棲家で紡がれる歪(いびつ)な愛の支配にもがきながら、やがて渾然一体と追い詰められる女たち。怒濤の展開に息をのむ、衝撃の物語!(解説・文月悠光)

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/18
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 繭(新潮文庫)2019/02/04Posted by ブクログ

      自立してるという自負があるもんで、ダメ男ばかり構ってしまう
      彼女はしかし自立しているようでいて
      その実
      仕事なり男なり、なにかに依存し
      また依存されてないと不安なだけなのだ
      それゆえに隙だらけである
      ...

      続きを読む
    • 繭(新潮文庫)2019/11/04Posted by ブクログ

      比喩的表現が多くて独特の文章を書く作家だなあという印象。
      その書き方が最初は面白くて引き込まれるけど中盤から鬱陶しくなってきて最終的にはもはや意味不明。
      この人たちはいったい何がしたいのか、で、結局ど...

      続きを読む
    • 繭(新潮文庫)2020/08/13Posted by ブクログ

      表現が詩的で

      わかりそうで
      難しい感じ

      さらりと
      読み終えたが

      理解するには
      まだまだ
      未熟だったのかも…

    開く

    セーフモード