【最新刊】FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

1冊

著:ハンス・ロスリング 著:オーラ・ロスリング 著:アンナ・ロスリング・ロンランド 訳:上杉周作 訳:関美和

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ファクトフルネスとは――データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。世界で100万部の大ベストセラー! 40カ国で発行予定の話題作、待望の日本上陸ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領も大絶賛!「名作中の名作。世界を正しく見るために欠かせない一冊だ」―ビル・ゲイツ「思い込みではなく、事実をもとに行動すれば、人類はもっと前に進める。そんな希望を抱かせてくれる本」―バラク・オバマ元アメリカ大統領特にビル・ゲイツは、2018年にアメリカの大学を卒業した学生のうち、希望者全員にこの本をプレゼントしたほど。本書では世界の基本的な事実にまつわる13問のクイズを紹介している。たとえば、こんな質問だ。質問 世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?・A 20%・B 50%・C 80%質問 いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいる?・A 20%・B 50%・C 80%答えは本書にある。どの質問も、大半の人は正解率が3分の1以下で、ランダムに答えるチンパンジーよりも正解できない。しかも、専門家、学歴が高い人、社会的な地位がある人ほど正解率が低い。その理由は、10の本能が引き起こす思い込みにとらわれてしまっているからだ。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/01
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4.4
    352
    5
    201
    4
    109
    3
    33
    2
    8
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/12/11Posted by ブクログ

      ・思い込みに囚われずに数字を信じましょう。
      ・貧困などにおいて基本的に世界は良い方向に進んでいる。
      以上。

    • 2019/12/10Posted by ブクログ

      考え方、価値観を学ぶ名著。
      マイクロソフトの社長が社員にプレゼントするという異例さ。私も従兄弟にクリスマスプレゼント予定。

    • 2019/12/07Posted by ブクログ

      確かに知らない事が多くて、知ってるふりしているわけじゃなく、知識が古いだけという話。
      その固定概念からどのように抜け出すかを延々と著者の具体例から説明している。

      自分もほぼ0点の結果でしたが、この本...

      続きを読む
    開く

    セーフモード