カナリアはさえずる(下)

ドゥエイン・スウィアジンスキー/公手成幸

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「彼は稀代のストーリーテラーだ」マイクル・コナリー絶賛!シェイマス賞&アンソニー賞受賞作家による、ノンストップ・クライム小説の後編!次々と殺されてゆくCI(情報提供者)たち。刑事、麻薬密売人、殺し屋たちを相手にまわし、女子大学生 サリーは颯爽と立ち向かう!【あらすじ】サリーはCIとして意外な才能を発揮し、矢継ぎ早に売人を見出しては有益な情報を提供してゆく。一方、街では次々とCIたちが何者かに誘拐されていた。犯罪組織に情報を流している内通者は誰なのか。刻々と迫る魔の手からサリーは逃れることができるのか。冬の凍てつくフィラデルフィアを舞台に、麻薬と暴力のはびこる無法の街を、賢くタフな女子大学生が鮮やかに駆け抜けてゆく――! 魅力的なキャラクター、ひねりのきいたプロット、切れのある会話……これぞクライム・スリラーの新境地! Duane Swierczynski/ドゥエイン・スウィアジンスキー2005年、クライム・スリラー『Secret Dead Men』で作家デビュー。ひねりのきいたプロットと、クールでドライヴ感のある犯罪描写に定評がある。2011年に『Expiration Date』でアンソニー賞の最優秀ペーパーバック賞、2012年に『Fun and Games』でシェイマス賞の最優秀ペーパーバック私立探偵小説賞を獲得しているほか、エドガー賞、バリー賞など多くの賞にノミネートされている。ミステリーの執筆と並行してアメリカン・コミックの制作も手がけ、『デッドプール』『ジャッジ・ドレッド』など多数の作品を世に送り出している。邦訳には『メアリー-ケイト』『解雇手当』(いずれもハヤカワ・ミステリ文庫)など。妻子とフィラデルフィアに在住。

    続きを読む
    • カナリアはさえずる 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      カナリアはさえずる 全 2 巻

      1,496円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      おもしろかった(^-^)
      最初のサリーはどこが賢い子なのかしら??と拍子抜けかもと危惧してたけど下巻で巻き返してくれた。

      とりあえずなんでそこまでDのことを守ろうとしたのかその関係性の描写が少なすぎ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      1人捜査を進めるサリーはやがて2人の大物麻薬ディーラーとの接触に成功する。しかし、その一方ではサリーがCIであることがばれつつあった。
      やがて両方の組織から命を狙われるよう担ったサリーは組織壊滅とラッ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002095300","price":"748"}]

    セーフモード