退職刑事 (3)

著:都筑道夫

580円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    話半ばで目を閉じ、眠ってしまったかに見える父だが、油断はできない。こうしているときに思考回路はめまぐるしく動いているに違いないのだ。それが証拠に、私にはおよそ目鼻をつけられなかった事件が、鮮やかに解きほぐされていく……。ダイイング・メッセージから犯人を割り出す「乾いた死体」や暗号もどきを解読する「筆まめな死体」など、現職刑事の手に余る難題に往年の辣腕を揮う、退職刑事の事件簿7編を収録。国産の《安楽椅子探偵小説》定番中の定番として揺るぎない地位を占める、名シリーズ第3集。/【収録作】「大魔術の死体」/「仮面の死体」/「人形の死体」/「散歩する死体」/「乾いた死体」/「筆まめな死体」/「料金不足の死体」/解説=新保博久

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/05/13Posted by ブクログ

      電話ボックスで男が撃たれた。
      しかし、四面のガラスには傷はなく――。
      銃弾はどこからきて、どこへ行ったのか?
      『大魔術の死体』

      往来の真ん中で突然着物を捲りあげた女の真意とは?
      『人形の死体』

      ...

      続きを読む
    • 2008/09/24Posted by ブクログ

      『大魔術の死体』電話ボックスで狙撃された被害者。ガラスには傷もない。ちょっと微妙かな(--;)
      『仮面の死体』全裸で般若の面をかぶった死体。面白いけど少し無理が(笑)
      『人形の死体』人形師と作品の人形...

      続きを読む
    • 2008/03/03Posted by ブクログ

      このワンパターンさが好きです。五郎さんもお父さんもいいな。会話でこれだけもっていくのはすごいですね。

    セーフモード