【最新刊】怪談供養 晦日がたり

怪談供養 晦日がたり

編:エブリスタ

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    怪談〈呪い〉は語り広めることで厄が薄まる―今年、成仏させておかないとヤバイ39の最凶話! 拡散希望!妊婦が羅城門をくぐると生まれてきた子は鬼となる。言い伝えにより一族はある儀式を…「とりかえ長男」、映画サークルが撮影で使った寺にあった目鼻を描かれていないこけし、それには恐るべき由来が…「顔のないこけし」、遺品整理で引き上げられてきたアンティークの鏡台。それには開かずの抽斗があるのだが果たして中身は…「黒いドレッサー」他、凶悪な何かを宿した怪談全39話を収録。怪談は語り広めることでその厄を薄め、浄化させることができるという。つまり、無害化することができるのである。それは呪いや祟りの大本たる怨霊たちが自らの無念を多くの人々に知って欲しいと願っているからに他ならない。彼らの成仏にあなたもぜひ協力してほしい……。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/26
    出版社
    竹書房/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント
    • 怪談供養 晦日がたり

      実話怪談系を読みまくっている身からすると全体にぬるい感じ。中高生向けというか。"胎動"は本物っぽくて良かった。

    • 怪談供養 晦日がたり
      ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード