文系のための太陽光発電。震災以後太陽光発電に何が起きたのか?

姉崎慶三郎/MBビジネス研究班

328円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    さっと読めるミニ書籍です(文章量9,000文字以上 10,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の18ページ程度)【書籍説明】東日本大震災のあと、太陽光発電は爆発的に売れました。ところが現在、問題が山積です。下落を続ける固定価格買い取り価格、その下落を見越して、高値で売る予定の多くの未稼働太陽光、一部地域での需給バランス調整のための出力制御、などなど。しかし、最大の問題は、太陽光発電業者の倒産ラッシュではないでしょうか。2017年だけで負債総額は285億円になり、2011年発生額28億円の10倍になってしまいました。本書では、太陽光発電に何が起こったのかを振り返ります。設定として機械装置メーカーABC株式会社の会議室に、勉強熱心な希望者が集まっている設定です。講師はABC株式会社の輸出入の担当者のAさん。会議室には、すでに多くの文系受講者が集まっています。さあ講師の登場です!【目次】1.あの日がなければ今がない2.太陽光発電業者の倒産多発3.太陽熱温水器の訪問販売による市場崩壊 4.太陽光発電の原理5.あの日のあと何があったか6.ドイツの電力事情 7.バックトゥザフューチャー 【著者紹介】姉崎慶三郎(アネザキケイザブロウ)群馬県出身。元商社勤務。海外駐在員経験2回。長年の海外ビジネス経験を生かして、当時合格率8.4%で、日本全国で400名もいない超難関貿易資格「ジェトロ認定貿易アドバイザー」を一浪して取得。自身の40年に渡る実務経験と、ふれ… 以上まえがきより抜粋

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード