【最新刊】【合本版】乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

【合本版】乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

1冊

空谷玲奈/双葉はづき

2,420円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

    気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。家柄容姿は最高なのに性格最悪、乙女ゲームのヒロインがハッピーエンドでもバッドエンドでも破滅まっしぐら、な悪役令嬢「マリアベル・テンペスト」になっていた主人公。しかも何故だか意志は有るのに行動出来ない、完全オートモード。五周に渡る悪役令嬢としての破滅エンドに諦めきって始まる六周目は、なぜだかオートモードが切れていた!? 破滅の元となる超ハイスペックな攻略対象たちとのフラグを回避し、平穏な生活を手に入れるため、マリアベルの奮闘が始まる! 前世の記憶と五周に渡るオートモードでの経験を活かして奮闘する、乙女ゲーム転生ファンタジー。※本作品は『乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。』シリーズ全巻を1冊に収録しております

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/28
    連載誌/レーベル
    アリアンローズ

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/16Posted by ブクログ

      悪役令嬢に転生して、オートモードで5回も自分の「破滅」を見てきたマリア。5回もそんな経験をしたら、6回目で自由に動けると分かったときに戸惑うのは分かる気がする。何とか破滅を回避しようと頑張るマリアだけ...

      続きを読む
    • 2018/01/14Posted by ブクログ

      WEB版既読。乙女ゲーの悪役令嬢転生モノで、5周(攻略対象全クリア)後にオートモード(意識はあるのに自分の意思では動けない)から解放されたとか新しい。バッドエンド回避に動くのは同じだけど、だんだんマリ...

      続きを読む

    セーフモード