【最新刊】図解 統計学超入門

図解 統計学超入門

著者:高橋洋一

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “視聴率”“出口調査”“偏差値”“自動車保険”“平均寿命”“桜開花予報”「世の中の仕組み」「お金の流れ」「人々の行動」……すべては「統計学」で見えてくる! 本書は「統計学の入門書」を読んだけれど、わからなかった人向けに書いた本である。“統計学の初歩と初歩”という、誰も書いていない分野に挑戦してみた。「これ以上は噛めない」というほど噛み砕いて、懇切丁寧に解説してある。ただ、超基礎レベルの統計学を知っているだけでも、世の中の見方は変わる。初歩の初歩とはいえ、あなどらずに取り組んでもらえば、身についた統計学は必ずあなたの武器になる。■目次 ・プロローグ そもそも「統計学」とは?       “お金”と“労力”のムダをはぶく! ・1章 ヒストグラム、平均値、分散、標準偏差    「統計学」は、ここからはじめよう!・2章 正規分布    もっともポピュラーな「分布の王様」・3章 二項分布    世の中の“さまざまな現象”がここにある・4章 二項分布と正規分布    「重要」なこの二つの分布の関係とは?・5章 視聴率・出口調査のカラクリ    「世の中の不思議」は統計学で解明される■著者 高橋洋一(たかはし・よういち)1955年東京都生まれ。都立小石川高校(現・都立小石川中等教育学校)を経て、東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年に大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)等を歴任。小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍し、「霞が関埋蔵金」の公表や「ふるさと納税」「ねんきん定期便」など数々の政策提案・実現をしてきた。また、戦後の日本で経済の最重要問題ともいえる、バブル崩壊後の「不良債権処理」の陣頭指揮をとり、不良債権償却の「大魔王」のあだ名を頂戴した。2008年退官。現在、嘉悦大学ビジネス創造学部教授、株式会社政策工房代表取締役会長。『バカな経済論』『バカな外交論』『【図解】ピケティ入門』『【図解】地政学入門』『【図解】経済学入門』『99%の日本人がわかっていない 国債の真実』『【明解】会計学入門』(以上、あさ出版)、第17回山本七平賞を受賞した『さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白』(講談社)など、ベスト・ロングセラー多数。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/21
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 図解 統計学超入門2020/03/10Posted by ブクログ

      入門編として読みやすいかと思います。統計検定2級合格レベルであれば復習がてらスラスラ読めると思います。

    • 図解 統計学超入門2019/05/26Posted by ブクログ

      ★平均、分散、標準偏差、正規分布、二項分布の説明。視聴率や選挙速報に統計学が利用されていることがわかる。

    セーフモード