国家と教養(新潮新書)

藤原正彦

814円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    「教養」とは、世の中に溢れるいくつもの正しい「論理」の中から最適なものを選び出す「直感力」、そして「大局観」を与えてくれる力だ。では教養を身につけるためにはどうしたら良いのか。教養の歴史を概観し、その効用と限界を明らかにしつつ、数学者らしい独創的な視点で「現代に相応しい教養」のあり方を提言する。大ベストセラー『国家の品格』の著者が放つ画期的教養論。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード