【最新刊】国家と教養(新潮新書)

国家と教養(新潮新書)

藤原正彦

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「教養」とは、世の中に溢れるいくつもの正しい「論理」の中から最適なものを選び出す「直感力」、そして「大局観」を与えてくれる力だ。では教養を身につけるためにはどうしたら良いのか。教養の歴史を概観し、その効用と限界を明らかにしつつ、数学者らしい独創的な視点で「現代に相応しい教養」のあり方を提言する。大ベストセラー『国家の品格』の著者が放つ画期的教養論。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/21
    連載誌/レーベル
    新潮新書
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      語りおろし的な、さーっと読める本だが、なかなかに本質をついていて、現代人必読の書。
      藤原氏の辿ってきた戦後の生育体験、アメリカでの学究生活からの知見、今までの日本の大学生に接してきた経験、豊富な読書体...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      古典的な教養論だが、情報過多の現代こそ必要な生き方。
      最初は軽く読み流すつもりだったが、実は「現代日本への警鐘」として、あるいは現代人へ生き方の問題提起として、真摯に受け止めた。

      アメリカ主導の市場...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/07/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード