【最新刊】戦国大名と国衆

戦国大名と国衆

1冊

著者:平山優

1,836円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

    戦国大名の領国は、軍事侵攻で制圧した直轄支配地域と、彼らに従属した「国衆」(先方衆とも)が排他的に支配する「領」(「国」)とでモザイク状に構成されていた。この戦国期固有の領主たちはいかに誕生したのか。大勢力の狭間で翻弄されながらも、その傑出した実力で戦国大名とどのような双務的関係を結び、彼らの権力構造にいかなる影響を及ぼしていたのか。武田氏を主軸に、史料渉猟から浮かび上がる国衆の成立・展開・消滅の歴史を追い、戦国大名の領国支配と軍事編成の本質を総括・通覧する。はじめに第一章 戦国期の国衆と先方衆第二章 室町期国人領主の成立と展開第三章 国人領主から国衆へ第四章 戦国大名領国下の国衆「領」(「国」)第五章 国衆の武田氏従属第六章 先方衆としての国衆と武田氏終 章 武田氏滅亡と国衆参考文献一覧あとがき

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/21
    連載誌/レーベル
    角川選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/14Posted by ブクログ

      戦国大名の領国は、軍事侵攻で制圧した直轄支配地域と、彼らに従属した「国衆」(先方衆とも)が排他的に支配する「領」(「国」)とでモザイク状に構成されていた。この戦国期固有の領主はいかに誕生し、大勢力の狭...

      続きを読む

    セーフモード