【最新刊】小学館版 学習まんが人物館 杉原千畝

小学館版 学習まんが人物館 杉原千畝

渡辺勝正(監修)/あべさより(まんが)/稲垣收(シナリオ)

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    六千人の難民の命を救った日本人外交官。外交官・杉原千畝は、1940年リトアニアで、ナチスの迫害から逃れようとしたユダヤ人難民に、人道的立場から独断でビザを発給し六千人を超える人々の、尊い命を救いました。戦後、独断の責を問われて外務省から解職。しかし、イスラエル政府から送られた『諸国民の中の正義の人』賞を始め、西欧諸国から多くの表彰を受けました。もしあのとき、杉原が外務省の命令通り、ビザ発給を拒否してユダヤ人を見殺しにしていたら、戦後日本は、世界中の国から猛烈な非難を受けていたでしょう。杉原は、ユダヤ人の命と同時に日本をも救ったのです。人権と国際協調の時代の新たな旗手として、杉原千畝は、世界中の教科書で大いに取り上げられることでしょう。この作品の容量は、65.3MB(校正データ時の数値)です。【ご注意】 ※本書電子版には、底本の資料編は掲載されていません。※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。※この作品は一部カラーが含まれます。

    続きを読む
    ページ数
    148ページ
    提供開始日
    2018/12/28
    連載誌/レーベル
    小学館版 学習まんが人物館

    レビュー

    • 2010/03/14Posted by ブクログ

      小学校の図書館に置いてあり、なにも考えずに
      「漫画だから」という単純な理由で借りた覚えがあります。

      日本に、こんな素晴らしい外交官がいたと言うことに感動しました。
      小学校の低学年の時に読んだきりです...

      続きを読む
    • 2016/01/26Posted by ブクログ

      あなたは「すぎはらちうね」という名前の男の人をしっていますか。
      6年生には、9月に紹介しましたね。
      第二次世界大戦中、この人のおかげでたくさんの「ユダヤ人」といわれる人々が命を救われました。ヒトラーと...

      続きを読む

    セーフモード