箱庭の鶏は夜に嗤う 1巻

くりおね。

270円(税込)
ポイント 2pt

鶏を神様として崇める奇怪な村「華禽村」(かごむら)。一夫多妻制をはじめ、鶏の習性を風習化した奇妙な掟が存在する村で、「四家」と位置付けられた力を持つ家柄の当主の美と苦悩――。現代社会とあまりにもかけ離れたその村での、幻想的で耽美な日々を描く、妖しく官能的な美の物語。TL作品『籠の鶏は夜に鳴く』番外編として配信。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

セーフモード