風の宿 6巻

小山田いく

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    東京の動物病院で働く獣医師、鹿間一成(しかま かずなり)は院長を殴打する事件を起こしてしまい、勤務先の病院を追われ、更には妻も家を出てしまう。一成は妻の連れ子で10歳になる諷子(ふうこ)と共に、両親を亡くした彼を育ててくれた信州の伯父夫婦の家を訪ね、そこで動物診療所をはじめることになるが…。ある日、一成の元へひとりの少女が訪れた。彼女が一成に治療してほしいと見せたもの、それはなんと掛軸に書かれた山女魚だった。亡くなった祖父が描いたというその山女魚は今まで毎朝掛軸の中を泳いでいたのに猫に爪を立てられて泳がなくなってしまったというのだ。そう必死に訴える少女に押された一成は掛軸を預かることにし、最初は少女をばかにしていた諷子も彼女の境遇を知ってから一転、一成にこの掛軸の山女魚を治すよう懇願する。本格的な調査に乗り出した一成がやがて見つけたものは…!? その他、祭りの夜に諷子が出会った女性。その女性が諷子の中に見ていた物は…「祭りの夜」、いやいや家にいる鳥の世話をしていた女の子、だがやがて彼女はそこにあった絆に気付き涙する「記念写真」、飼い猫が亡くなったとの電話を受けた一成、だがそれは既にこの世にいないはずの猫だった…愛猫と最後まで添い遂げようとする老婆の想いを描く「過去の中の猫」、等。田舎の暮らしと自然との関わり、そして昨今話題に上がる親子の絆…小山田いくが淡々と描く名作第6巻。 小山田いく先生の当時の単行本コメント『動物を描くのは、本当にむずかしいものです。表情だけで、その時の動物の心を表さなければならないからです。──だから、今まで、満足のいく動物の絵が描けたことって、本当に一度か二度なのです。それが三度に…四度に…なるよう頑張っているのですが…。』

    続きを読む
    • 風の宿 全 8 巻

      未購入巻をまとめて購入

      風の宿 全 8 巻

      3,456円(税込)
      34pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード