ぶれない軸をつくる東洋思想の力

田口佳史/枝廣淳子

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東洋思想の根源は内側を重視すること。自分の心のあり方がどうなのかが非常に重要、と考えます。東洋思想では、「外側にあるものもすべて内側の産物、心の産物である」と説いている。そういう意味では、西洋近代思想とはずいぶん違います。西洋近代思想では、基本的に外側が重要だと考えますから。もちろん、外側を良くすることが重要だというのも否定してはいけない。両方とも大事。相互補完関係にあるのです。(本文より抜粋)

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 2019/01/05
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2020/06/18

      東洋思想の興味への入門書と言える一冊。
      最後の極右政権への批判は、少し懐古主義にも感じた。

      しかし、
      「四経五書」「陽陰論」などの東洋思想に興味を持てた。
      二律背反の答えを導く方法は、東洋思想なのか...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/01/28

      推測で語っていて根拠が不明な箇所、が散見し、全体として説得力に欠けてしまっているように思いました。個人的には、読まなくてもよかった内容でしたが、若い人には役立つかも。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード