【最新刊】認知症の人の心の中はどうなっているのか?

認知症の人の心の中はどうなっているのか?

佐藤眞一

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「認知症になって記憶が失われても、心が失われるわけではない」とはよく聞くフレーズだが、その「心」とは一体どのようなものなのか。本書ではそれをできる限り具体的に示したいと考える。心の内を知り、その人の内なる世界を尊重することが、認知症の本質である「生活の障がい」と「孤独」の軽減につながるからである。最新の研究成果に基づく、会話を増やすためのツール「CANDy」とは。認知症の人の心の読み解き方を解説。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/21
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    医学

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      認知症の祖母の心の中を知りたく読んだ。
      認知症が進むと今まで無かった様々な変化が現れるが、その要因を知る・考える上でヒントになる。

      勉強になったのは、認知症からくる行動の理由を予想し(例えば徘徊する...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/07/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      私は高齢者の方が多く住む町で接客業をしていますが、たまに認知症の方が何度も来店し何度も同じことを尋ねてくるので仕事が進まないことがありました。しかし、この本を読んで認知症の人とそうでない人の見る世界が...

      続きを読む
    開く

    セーフモード