【最新刊】不意撃ち

不意撃ち

辻原登

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    不意撃ち。それは、運命の悪意か……人生の“予測不可能”な罠。人間存在を揺さぶる至極の作品集。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/21
    出版社
    河出書房新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.9
    11
    5
    3
    4
    4
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/02Posted by ブクログ

      「月も隈なきは」が初出されたのが2018年秋でしょ?!もう辻原登さんのファンにならない訳がないです。

      この本を手にとったきっかけが文學界2月号で「最近独特な手法で書かれている小説が多いけど、まさに小...

      続きを読む
    • 2019/02/05Posted by ブクログ

      ベテラン作家による5本の短編集。連作ではなく、共通するのは主人公たちが「不意打ち」をくらって完結すること。バッドな不意打ちもあれば、ハッピーな不意打ちもある。

      人間は将来の計画や希望を立てて、それに...

      続きを読む
    • 2019/05/12Posted by ブクログ

      ★「打たれる」のではなく人生を「撃たれる」★突然訪れる、理不尽とも思える出来事。ぷつんと途切れる人生の一瞬が生々しく、また幻のように思いを誘う。すべてに理由があるわけではなく、因果は後付けかもしれない...

      続きを読む
    開く

    セーフモード