【最新刊】虚構推理短編集 岩永琴子の出現

虚構推理シリーズ
2冊

城平京 片瀬茶柴(イラスト)

777円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

妖怪から相談を受ける『知恵の神』岩永琴子を呼び出したのは、何百年と生きた水神の大蛇。その悩みは、自身が棲まう沼に他殺死体を棄てた犯人の動機だった。――「ヌシの大蛇は聞いていた」山奥で化け狸が作るうどんを食したため、意図せずアリバイが成立してしまった殺人犯に、嘘の真実を創れ。――「幻の自販機」真実よりも美しい、虚ろな推理を弄ぶ、虚構の推理ここに帰還!

続きを読む

レビュー

3.7
9
5
2
4
3
3
4
2
0
1
0
  • 2019/05/16Posted by ブクログ

    「一眼一足」 普通の人間の様に見えるが。 彼女が何故選ばれたのか分からないが、その代償はかなり大きいような気がするな。 彼も物の怪が恐れを為して逃げるほどとなると、過去に何かしらのモノと出会っているの...

    続きを読む
  • 2019/05/12Posted by ブクログ

    本格ミステリ大賞を受賞した長編『虚構推理』の第二弾で、今度は連作短編集。大賞受賞の後は、そのコンセプトに準じた作品を書くのが一般的な筈だけど、もう番外編になるとはね。まあ、漫画の原作やら何やら事情があ...

    続きを読む
  • 2019/04/15Posted by ブクログ

     ミステリではあるのだが、主人公でありヒロインの琴子の思考回路が明らかに犯人のソレで面白い。  この先どんな推理を作り上げてくれるのだろう。

もっと見る

セーフモード