【最新刊】砂上【電子書籍特典付き】 (角川ebook)

砂上【電子書籍特典付き】 (角川ebook)

1冊

著者:桜木紫乃

1,210円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    冬の雪が降り積もる北海道・江別。柊令央は、ビストロ勤務で得る数万円の月収と、元夫から振り込まれる慰謝料で細々と暮らしていた。いつか作家になりたい。そう思ってきたものの、夢に近づく日はこないまま、気づけば四十代に突入していた。ある日、令央の前に一人の編集者が現れる。「あなた今後、なにがしたいんですか」。責めるように問う小川乙三との出会いを機に、令央は母が墓場へと持っていったある秘密を書く決心をする。だがそれは、母親との暮らしを、そして他人任せだった自分のこれまでを直視する日々の始まりだった。自分は母親の人生を肯定できるのか。そして小説を書き始めたことで変わっていく人間関係。書くことに取り憑かれた女はどこへ向かうのか。【電子書籍特典: 作中作『砂上』の手書き原稿!】※本書は2017年9月29日に配信を開始した単行本「砂上【電子書籍特典付き】」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/05
    連載誌/レーベル
    角川ebook
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.4
    47
    5
    3
    4
    23
    3
    15
    2
    6
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/13Posted by ブクログ

      小説を書き、新人賞に何度も応募していたビストロ勤務の令央。北海道に住む彼女の元に小川と名乗る編集者が小説を書くよう訪ねてきた。

      令央の半生も、ミオの半生もかなり衝撃的。
      それを虚構に見えないリアルな...

      続きを読む
    • 2019/06/23Posted by ブクログ

      桜木紫乃さん、久々に読んだ。
      やっぱりこの人の描く女は容赦ない。
      それがいっそ清々しくて、好きだなぁと思う。


      孤独が産んだ孤独の子供。

      この表現が妙に刺さって最後まで抜けない小さな棘のようだった...

      続きを読む
    • 2019/06/22Posted by ブクログ

      2019/06/06読了


      小説と現実、フィクションという現実にうそを加えていく。
      令央の人生を何度も書き続け、書き直し、砂上という作品へと落としていく。
      乙三の正体も、砂上の人名も、あえて伏せられ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード