【最新刊】恋と禁忌の述語論理

恋と禁忌の述語論理

1冊

井上真偽

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    雪山の洋館での殺人。犯人は双子のどちらか。なのにいずれが犯人でも矛盾。この不可解な事件を奇蹟の実在を信じる探偵・上苙丞(うえおろじょう)が見事解決――と思いきや、癒やし系天才美人学者の硯(すずり)さんは、その推理を「数理論理学」による検証でひっくり返す!! 他にも個性豊かな名探偵たちが続々登場。名探偵を脅かす推理の検証者、誕生! 大ヒットミステリー『その可能性はすでに考えた』はここから始まった!?

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/14
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.6
    13
    5
    2
    4
    6
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/15Posted by ブクログ

      面白かったー!内容は所々「日本語でおk」と言いたくなるぐらい難解な個所もあったけど全体のオチも含めて面白かった。事件のトリックはどれもそんなに難しいものではなかったけど(最初のやつは実際すぐにわかった...

      続きを読む
    • 2019/08/05Posted by ブクログ

      数理論理学が作品の要だろうが、やはり難しい。
      キャラクターや展開は楽しめるので、数理論理学の部分はななめ読みだとちょうどいい。
      次作が出るなら読んでみたい。

    • ネタバレ
      2019/06/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード