【最新刊】石田三成

石田三成

1冊

桑田忠親

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    石田三成にまつわる陰湿なイメージは、江戸時代、幕府御用学者によってでっちあげられた虚像である。では、三成という武将のまことのすがたは、どのようであったのか? ――「士は己れを知るものの為に死す」との真の武士の信念を常に肚に収め、故・秀吉の信頼と恩顧にこたえて、大敵・家康に挑み殉じた、三成の生涯と実像を描く会心作。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/14
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2008/10/04Posted by ブクログ

      桑田先生の三成贔屓本v『賤ヶ岳の七本槍に名を連ねなかったものの『一柳家記』によると、一番槍の功名を上げた者に中に、大谷、石田が居た』とか、いろんなエピソードを絡めて三成の本当の姿をギュッと1冊に詰め込...

      続きを読む
    • 2006/04/07Posted by ブクログ

      謙信より機略に乏しく、光秀より正義感が強く、勝家よりも知恵がある。清正・正則よりも勇気があり、いさぎよさでは幸村にも匹敵する人物・石田三成を徹底的に分析した本です。

    セーフモード