組織の壁を越える――「バウンダリー・スパニング」6つの実践

著:クリス・アーンスト 著:ドナ・クロボット=メイソン 訳:三木俊哉 解説:加藤雅則

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

    今、求められているのは「越境人材」だ。しかし、組織の壁を越えるには大きな困難が伴う。ではどうすればよいのだろうか?社員数1万を超えるPCメーカー、数百人規模の非営利組織など、多種多様な世界中の事例を包括的に分析し、導き出した方法論。この6つの実践が組織を変える。『組織は変われるか』の著者、加藤雅則氏が解説。目次序文はじめに序章パート1 人を引き裂く力、束ねる力第1章 リーダーシップをめぐる状況の変化第2章 「私たち」と「彼ら」:なぜアイデンティティが重要か第3章 集団間の境界:グレート・ディバイドパート2 境界のマネジメント第4章 バッファリング:安全・安心を確保する第5章 リフレクティング:敬意を育むパート3 共通の土台づくり第6章 コネクティング:信頼を築く第7章 モビライジング:コミュニティをつくるパート4 新たなフロンティアの発見第8章 ウィービング:相互依存を高める第9章 トランスフォーミング:改革を可能にするパート5 ネクサス効果第10章 ネクサス効果とあなたエピローグ 持ちつ持たれつの未来へ付録A 研究について付録B バウンダリー・スパニング・リーダーシップ一覧表付録C 次なる課題著者について謝辞解説原注

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード