あこがれ(新潮文庫)

川上未映子

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    おかっぱ頭のやんちゃ娘ヘガティーと、絵が得意でやせっぽちの麦くん。クラスの人気者ではないけれど、悩みも寂しさもふたりで分けあうとなぜか笑顔に変わる、彼らは最強の友だちコンビだ。麦くんをくぎ付けにした、大きな目に水色まぶたのサンドイッチ売り場の女の人や、ヘガティーが偶然知ったもうひとりのきょうだい……。互いのあこがれを支えあい、大人への扉をさがす物語の幕が開く。

    続きを読む

    レビュー

    4
    15
    5
    5
    4
    5
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/27Posted by ブクログ

      まだ語彙が豊富でなかったころの自分の感情を、もうはっきりとは思い出すことができない。洗剤の容器でつくった水鉄砲を抱えて園庭に佇んだとき。お気に入りのペンケースをクラスの男の子にとられて追いかけ回したと...

      続きを読む
    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      小学生の麦彦とヘガティー(おならが紅茶の匂いだったせいで、このあだ名がついた)の物語。
      前半の「ミス・アイスサンドイッチ」は小学四年生の麦彦が語り手。
      上手いね‼パンのトングを「銀ガニ」とか。
      子ども...

      続きを読む
    • 2020/05/03Posted by ブクログ

      小学校高学年の麦くんとヘガティーの男の子と女の子コンビは、大好きなこととかすごく気になることを共有し合える特別な友達。男女として好きとかそういうのではないところが良いです。ヘガティーの映画の銃撃戦アク...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002085990","price":"572"}]

    セーフモード