なぜ「それ」が買われるのか? 情報爆発時代に「選ばれる」商品の法則

博報堂買物研究所

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    多すぎる商品、複雑化する買い方── 情報が多すぎて「買い物疲れ」を起こしている現代人にどうやってモノを売る? 勝負のカギは、値段よりスペックより、選ぶストレス軽減! 情報がありすぎる現代人に刺さるメッセージと仕組みづくりを大公開!

    続きを読む

    レビュー

    3
    4
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/30Posted by ブクログ

      博報堂買物研究所の最新マーケティング理論が,生活者目線でまとめられています。なぜ買い物が幸せな時代ではなくなってしまったのか? 情報過多の時代,人が買い物に感じているストレスをいかに軽減し,「買う」に...

      続きを読む
    • 2019/06/08Posted by ブクログ

      「枠」の考え方やAIによる比較検討期間が短くなる点は納得だが、総評的に残り7割は流し読みで十分に思えた。

    • 2019/06/05Posted by ブクログ

      国内屈指の広告代理店である博報堂が書いたマーケティング本。
      読み物として非常に面白く、参考になる。

      戦後の白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫の「三種の神器」から始まって、現在のインターネットを使った「Eコマ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード